新たな時代を迎えた日本の農業に必要なものを考えます

減反政策がその歴史を閉じようとしている中、農業自体がその形態を変えようとしています。
それがどのような形態に向かうのかは、まだまだ様々な要因が絡んで変化して行くので明確にはなってはいませんが、間違いなく言えることは、今後農業はやり方次第で「稼げる仕事」になるということでしょう。今は、六次産業とか次世代農業というフレーズが飛び交っていますが、いつかは瑞穂の国に相応しい豊かな大地の恩恵に満ちた農業大国に返るかも知れません。

しかし、まだ農業が抱える問題は山積しています。例えば家族農業が基本的な中小規模の農家では生産規模を上げて、雇用を拡大することは困難です。また生産量を増やす為には土壌の改良や、生産物を効率的に販売するノウハウも必要です。生産量の安定の為には作物の選定や害獣被害対策、天候による不作の回避なども直近の問題です。

レライアンスでは「人」「もの」「やり方」について、特に中小規模・兼業農家などを中心にした
農業支援を行っております。一例を挙げると

  • 農業分野の求人対策
  • 土壌分析の代行
  • 農地のIT活用
  • 害獣被害対策(これには放鷹による害鳥駆除などもあります)
  • アグリツーリズムや農泊による副収入…

など様々です。

私見ながら、日本の農業は世界に誇れる水準に達していて、他国に比べても一切見劣りはしません。しかし同時に高齢化や戦後の政策によって、身動きがとれなくなって存続も危うい農家も少なくないのも事実です。農業の株式会社化というのも悪くはありませんが、全ての農家がそうできるものでもないのです。
こうした農家が立ち直る為に必要な支援を、一軒一軒の立場や環境の下に、滞りなく行なうのがレライアンスの農業支援です。