レライアンスの提唱する「ビジネス・パーシング(接待屋)」とは

皆さんは“接待”と聞いて何を連想されますか。
“高級料亭”、“高級クラブ”、“黒塗りのリムジン”…。
接待先の会長、社長をお連れして、料理に酒、コンパニオン…。

金に糸目をつけず楽しんでもらう姿は、映画やドラマでもお馴染みの光景です。
日本では戦後からバブル期を経たことで、接待を“お金で人を丸め込む”的なものに変質してしまったのかも知れません。

しかしレライアンスの接待(ビジネス・パーサー)は、そうではありません。
“接待”を“ビジネス・パーシング”と表記し“接待屋”としたのは、これからの時代の“接待”が、企業や個人が活用する“技術”であり、“スキル”であると考えているからです。

言い換えれば「対象となる顧客(個人)に対して、お金を消費して一時、楽しんでもらうことで、仕事(関係)を貰う」のではなく、「相手に対する接し方を通じて、自分の会社や考え方、人となりを理解してもらい、何か問題が起きても、その信頼を持って解決することのできる関係を持つ」ためのものと考えています。

これからの時代の「ビジネス・パーシング(接待屋)」が生み出す、信頼感や安らぎ、教養、経験度など

レライアンスでお受けするビジネス・パーシング(接待屋)の主な依頼者と内容は以下のものになります。

  1. 企業経営者などが、商談の成功や関係の強化の為、取引先などを接待する場合
  2. 事業契約や仕事の完成などの特別なイベント、記念の席に、大切な方々をご招待する場合
  3. 冠婚葬祭や祝いの席
  4. 自分を知ってもらうために、或いは大きく見せる必要があるとき、
  5. 家族や友人、その他の特別な意味合いのある旅行や集まり
  6. 自分へのご褒美として

など、その他にも様々です。

レライアンスでは、基本的にはお金をかけるだけの接待はご案内しません。もてなす側ともてなされる側の関係がその先もよい関係で続いて行く為の時間をご提供することをモットーにしています。
そのため、事前の下調べに時間をかけて行きますが、御満足頂ける「時間」をご提供して参ります。
レライアンスのブログで幾つかの実例もご紹介しています。

是非とも御覧頂き、「ビジネス・パーシング(接待屋)」のご活用をご検討頂ければと思います。

 

参考ブログ

レライアンスのビジネス・パーサー(接待屋)

レライアンスのビジネス・パーサー(接待屋)への ご依頼について

社長あなたの会社の接待。大丈夫ですか。